web space | free hosting | Business Hosting Services | Free Website Submission | shopping cart | php hosting

統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?



DEADRISING 最終攻略マニアックス (Xbox 360 BOOKS)アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 設定資料集封印されたミッキーマウス―美少女ゲームから核兵器まで抹殺された12のエピソード新選教育研修ゲーム―すぐできるすぐ効く鉄拳6 攻略本 下巻 鉄頭鉄尾 (エンターブレインムック ARCADIA EXTRA VOL. 58)零(zero) 零~紅い蝶~恐怖ファンブック怨霊の刻 (ヤングセレクション)統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?ピアノソロ 上級 ピアノコレクションズ ファイナルファンタジー 7信長の野望・革新 マニアックスメタルギア・ソリッド3・スネークイーター・公式ガイド・ザ・コンプリート (KONAMI OFFICIAL BOOKS)


統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?
統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?

ジャンル:
セールスランク:7122 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 777 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

本書などによって知識を仕入れるしかない分野

例えば、厚労省が発表する平均初婚年齢は提出された婚姻届を元に算出されるので、生涯未婚の人のことは考慮されない。そのため、我々の実感と乖離したデータになってしまうとのことだが、マスコミが、そう言ったデータの算出方法や意味合いまでも報道することはないので、本書などによって知識を仕入れるしかない。

シンクタンクがマスコミ受けするデータしか発表しないと言う指摘も、常に心に留めておく必要があるだろう。
統計数字のマジックを解明

様々な、私たちが当然と思っている統計の不安定要因を解説している書である。
GDPから始まって、多くの統計資料が書き手の恣意によって偏向していく様を具体的に記述してくれているので、統計数字を鵜呑みにしないようにとの著者の意図が良く伝わった。
それにしても著者、門倉さんは著書出版のペースが速いですね!前著書「夜のオンナはいくら稼ぐか?」から3ヶ月しかたっていないのに、この書を出版するなんて、著者の将来性を楽しみにしている。感謝
この作者自体の統計の扱い方に疑問が?

まえがきにおいて、交通事故の死者数に関する統計の例を挙げて統計のウソの実例のように紹介していますが、この扱い自体に、作者による統計の恣意的な解釈の例がみられます。交通事故の死者数について、厚生労働省の数字と警察庁の数字はその定義が違うので、乖離があるのは事実です。しかしながら、厚生労働統計の交通事故死亡者数を調べてみると、警察庁の統計と同様に減少しています。数値が減少している統計に対して、同じ事象を扱っていながらも定義が異なっているために、常に多い数値を出す統計を取り上げて乖離があること(それは、定義が異なるので当然の乖離なのですが)をもって、「減少しているのは、統計のみせかけの現象だ」などと鬼の首をとったかのように述べていますが、この違いは少し調べれば分かるように統計の解釈の違いだけですので、作者が述べている「見せかけの現象」というのは、あきらかに間違いです。これだけでそれ以上の部分を読む気をなくします。まあ、「統計数字を疑う」というタイトル自体が、統計数字を疑うことがない人に対する警鐘だと思えば、その価値もあるのですかね。
著者の実体験に裏打ちされた経済統計解説

よくある「統計の常識を疑う」系の書籍だが、実際に経済予測等に携わった著者の経験が多分に反映されており、とりわけ第3章でのシンクタンクが試算する経済効果の胡散臭さや、第4章での統計の癖・バイアスに関する解説は白眉。一方で第2章の通説に関するコメントは(人によっては)首を傾げる箇所もあるが、こうした著者の主観が良くも悪くも本書の特徴となっている。仕事で経済統計を扱う向きならば、ほくそ笑みながら読み流せること請け合い。なお第5章は著者がライフワークにしている「地下経済」に関する話であり、若干蛇足な感はある。

ところで本書のレビューで「目が覚めました」「やはりGDPは信用できないんだ」といった類のコメントが散見されるが、こうした姿勢もまた所詮は"情報の鵜呑み"ではないか。本書の内容に対しても疑ってかかるくらいのリテラシーの高さが求められよう。
統計リテラシー向上にお薦め

平均寿命、経済効果、景気動向等、普段は算出結果のみを意識しがちな身近なデータについて、導出過程から考える事により理解が深まります。

実際に統計数字を駆使するエコノミストだけあって記述が具体的で分かり易いです。
景気動向の指標には実感しづらい部分がありましたが地下経済活動にも触れており最後まで一気に読めました。



光文社
データの罠―世論はこうしてつくられる (集英社新書)
確率的発想法~数学を日常に活かす
「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)
データはウソをつく―科学的な社会調査の方法 (ちくまプリマー新書 59)
「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書)